ログイン

ABOUT

ブリリア ショートショート シアター
オンラインについて

TAG LINE

「水曜夜はわたし時間」

CONCEPT

日常に映画がある
ライフスタイルの提案

毎日を忙しく生きる社会人の皆さんに、週の半ばの水曜日、
ひと時の安らぎと心を動かす体験をお届けします。
日々の仕事は我慢の連続。忙しい時ほど心が無感動になっていくもの。
だからこそ、日常の暮らしの中に、「わたし」に戻る時間が必要ではないでしょうか。
平日の中日、ノー残業デーでちょっと早く帰れたひと時に、
ちょっと贅沢にクラフトビールなんか飲みながら、
ショートフィルムをみる習慣を持ってみてはいかがでしょう?
映画を観終わった後には、ほんの少しだけ、世界の見え方が変わるかもしれません。
週に1本、10分のショートフィルムで、わたしに戻るライフスタイル。
BSSTOが世の中に届けていきたいショートフィルムの新しい価値です。

from
EDITORIAL DEPARTMENT

編集室からみなさまへ

「ブリリア ショートショートシアター オンライン」は
2008年2月~2017年12月まで横浜で運営していた
ショートフィルム専門館「ブリリア ショートショート シアター」の
ブランドを引き継ぐオンラインシアターです。
1999年から続く国際短編映画祭
「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」が厳選した
ショートフィルムを、オンライン上で視聴することができます。
短い時間ではありますが、人間の優しさや強さ、
豊かな人生のヒントを教えてくれる、
素晴らしい映画を皆さんの日常にお届けします。
また、映画を楽しむスタイルの最前線を取材した記事や、
週末をより豊かにするお出かけ情報も掲載していきます。
映画を観る時間は、あなたのための時間です。
1日の仕事が終わってほっと一息つくときに、
スマートフォンやPCで、シネマな世界への入り口を開いてみてはいかがでしょうか。

暮らしにシネマチックなひと時を。
働くあなたに寄り添う存在であることを、
私たちはお約束します。

ブリリア ショートショートシアター オンライン 編集室

EDITORIAL POLICY

編集方針

□THEATERコンテンツ編集方針
①「自分事にできる映画か」
②「観終わった後に誰かに語りたくなる映画か」
③「予定調和はではない映画か」

□MAGAZINEコンテンツ編集方針
①「他の媒体にはないにはないオリジナリティがあるか」
②「読者の行動が変わる記事か」
③「新しいプロジェクトや、これからの人にフォーカスしているか」

EDITOR'S PROFILE

編集者プロフィール

大竹 悠介(おおたけ・ゆうすけ)
「ブリリア ショートショートシアター オンライン」編集長。
大学院でジャーナリズムを専攻した後、
広告代理店勤務を経て現職。
「映画体験の現代的な価値」をテーマに
全国の取り組みを継続取材中。
好きな映画は『LIFE!』
Twitter:@otake_works
青目 健(あおめ・たけし)
ショートショート実行委員会プロジェクトマネージャー。
アパレル企業などを経て、現職。
横浜・みなとみらいにあったブリリアショートショートシアターでは
副支配人を務めた。
好きな映画は『スタンド・バイ・ミー』
安田佳織(やすだ・かおり)
編集アシスタント。
東京都在住の大学院生。専攻はドイツ文学と表象文化論。
好きな映画は『ビューティー・インサイド』

from
REPRESENTATIVE

代表ごあいさつ

映画は長さではない!
そんな驚きに満ちた出会いをしたL.Aから帰国し、
僕が原宿・表参道で映画祭を始めたのが1999年。
以来、のべ38万人を超える方々に、ショートフィルムを
楽しんでいただくことができました。
「ブリリア ショートショートシアター オンライン」では、
いままでショートフィルムをお届けできていなかった
全国の皆さんにシネマチックな体験をお届けできれば幸いです。
ショートフィルムは観る人に心の栄養を届ける
「サプリメントムービー」とも僕たちは呼んでいます。
さらに、ショートフィルムは人生における
気づきや学びに溢れています。
そんな素晴らしいショートフィルムにぜひ皆さんも出会ってください。

SSFF & ASIA 代表
別所 哲也

別所哲也
SPONSORED by

東京建物のマンション
「Brillia」との取り組み

2008年から2017年12月まで横浜・みなとみらいで
運営してまいりました「ブリリア ショートショート シアター」は 「洗練」と「安心」をコンセプトとしたマンションブランド「Brillia」を 展開する東京建物株式会社様のご協力で運営されてきました。
「ブリリア ショートショートシアター オンライン」におきましても、 引き続きネーミングライツという形でご協賛をいただいております。
Brilliaについて詳しくはこちら

Brillia NEW LUXURY RESIDENCE Brillia NEW LUXURY RESIDENCE

運営会社情報