ログイン

MAGAZINE

シネマチックなライフスタイル
情報をチェック

CATEGORY

Sep. 17, 2019

【Cinematic Topics】 映画×カウンターバー?
路地裏の文化会館「C/NE」が作る
「乾杯から始まるコミュニケーション」とは?

MORE

PICK UP

編集部注目の記事

INFORMATION

  • Sep. 28, 2018【システムメンテナンスのお知らせ】
    動画配信サービスのメンテナンスに伴い、下記の時間帯で映画の視聴ができなくなります。 ユーザーの皆様にはご迷惑をおかけし恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。 ■実施予定日時(24時間表記) 2018年 11月 19日(月)03:00 ~ 06:10(予定)

  • Feb. 15, 2018【一部メーラーでの受信障害につきまして】
    hotmailなど一部のメーラーで確認メールが不着となっております。現在問題の対応中ですが、確認メールが届かない場合は、事務局にて登録いたしますのでotoiawase@v-voice.jpまでご連絡ください。

  • Feb. 14, 2018サイトを公開しました。

PROJECT

Brillia
ショートショート通年
BOOK SHORTS
Filmarks

編集部通信

Jul. 02, 2019

季節は夏。そう、屋外上映の季節です。

近年の上映は、「○○×映画」という組み合わせでオリジナリティを作っているところが多いのが特徴です。

浜辺×映画、キャンプ場×映画などは珍しいものではなくなってきましたし、最近では「飛行場」などもあります。また、ビール工場やビストロといった、「食」の体験を組み合わせる例もあります。

以前インタビューした電通の髙崎卓馬さんは「新しい上映は、映画とは別の体験と位置付けた方がいい」とお話しされていましたが、「映画体験」の捉え方も生かし方も多様な展開を見せています。映画ファンにとっては邪道と感じる人もいるようですが、そこは目的意識の違いなのかもしれません。

かつて「デートと言えば映画」でしたが、もう一度、そんな「楽しいもの」として映画体験を位置付けることができなたら。そんな風に思います。

Sep. 14, 2018

Motion Galley / popcornの大高健志さんと、連載企画をご一緒することになりました!ミニシアターを訪ねて支配人と対談をしていきます。1本目は渋谷ユーロスペース。 ユーロスペース自体、有志のシネマクラブ活動が発展してできた映画館だそう。ミニシアターカルチャー自体が当時の映画文化へのカウンターとして生まれたそうで、とても新鮮に感じました。

コーヒーの世界では「サードウェーブ」などと言いますが、映画館の世界にもいくつかの波があるように思います。
ファーストウェーブが日劇のような大箱の古い商業映画館。
セカンドウェーブがユーロスペースや岩波ホールのようなミニシアター。
サードウェーブがシネコン。
そして、フォースウェーブが逗子「シネマアミーゴ」や藤沢「シネコヤ」のような複合文化施設的な地域密着の上映館。

この整理でいうと、私達はここ半年ほどフォースウェーブの活動を描こうと活動しているのですが、歴史的な文脈を追うとさらに次の世界を描くヒントになるとも思っています。

BSSTO編集室大竹