ログイン
MAGAZINE
REPORT
Aug. 23, 2019

日本一の星空で観るショートフィルム体験!
~SSFF & ASIA 2019 in ACHIレポート~

突然ですが、最近皆さんは星を眺めましたか?
都会暮らしに慣れてしまうと夜空を見上げる事を忘れてしまいがちですが、星空とショートフィルムを同時に楽しめるユニークな上映イベントが、7月20日(土)~28日(日)の9日間開催されました。
場所は環境省が認定した「日本一の星空」を有する長野県阿智村で、イベントの名称は「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA) 2019 in ACHI~日本一の星空映画祭~」。
今回はそのオープニングセレモニーの模様と、阿智村の見所をレポートとしてお届けします。

天空の楽園で行われた映画祭オープニングセレモニー

映画祭初日の7月20日(土)と2日目の21日(日)は、映画祭開催会場の一つ標高1400mの地にある天空の楽園「ヘブンスそのはら」でオープニングセレモニーを開催。
ここは冬場スキー場として使用される場所という事で、会場へはロープウェイで向かいます。
山麓にある乗り場でNASAのジャンプスーツを着たスタッフに迎えられるので、さながら宇宙基地に迷い込んだ気分!頂上まで約15分間の空中遊覧で見える山々の絶景も相まって、星空への期待値が高まっていきます。

山頂に着くと平均気温25℃という真夏の暑さを忘れてしまう心地よい涼しさに包まれます。山頂駅から歩くこと5分で大きな野外スクリーンとステージが見えてきます。
高原の開放感を感じていただくため、スクリーン前の草原には敢えて座席は設けず、寝転んだり座ったり、お客さん達が思い思いのスタイルでイベントを観てもらえるようになっていました。

日が沈み20時を迎えると、アナウンスと共にライトアップされていたステージが消灯され辺り一面が真っ暗に!
実はこれ、星空を楽しんでいただく演出なんです。初日は残念ながら長い梅雨空の雲に覆われて星を観ることは叶いませんでしたが、翌日は少しだけ星が顔を覗かせ、さらに嬉しいことに蛍が淡い輝きを見せてくれました。会場からは感激のため息も。

再びステージにライトが点灯すると、熊谷秀樹村長とSSFF & ASIA代表の別所哲也氏が登場!
別所氏はSSFF & ASIAが阿智村で開催できる喜びや、村内のおいしい蕎麦や温泉を堪能したことにも触れ、「今回初めて来ましたが、この村が大好きになりました」と語りました。熊谷村長からは「阿智村でショートフィルムが撮れたら良いですね」と別所氏へのラブコールも。

SSFF & ASIA代表の別所哲也氏

セレモニーでは4本のショートフィルム上映に加え、各上映作品の出演者や監督がゲスト登壇するトークイベントも実施!
初日は、和楽器バンドの楽曲「細雪」から生まれた運命的な男女の物語『遠い時間、月の明かり』から主演の本仮屋ユイカさん、ある女性が奇妙な仲間たちと無知で無垢な犯罪計画を立てる物語『ノヴェラ ピカレスカ』から主演の広澤草さんと倉田健次監督が登壇しました。

左から、『ノヴェラ ピカレスカ』より広澤草さんと倉田健次監督

2日目は、株式会社リンレイが製作した心温まる親子の物語『箒』から、主演の川島海荷さんと古波津陽監督が登壇。また、アンデルセン童話「裸の王様」をモチーフに舞台を現代日本に移して製作された『王様の選択』から、出演者の金井勇太さんと新谷寛行監督、そして再び『ノヴェラ ピカレスカ』の広澤さんと倉田監督が登壇しました。
各ゲストが語る作品の裏話に、来場されたお客さんも拍手やどよめきの声で応えていたのがとても印象的でした。

左から、『箒』より古波津陽監督と川島海荷さん

左から、『王様の選択』より金井勇太さんと新谷寛行監督

セレモニーのフィナーレには星空の案内人がステージに登場。
ライトを再び落して辺りが暗闇に包まれると、レーザーポインターで星々の解説が始まります。
あいにくの曇り空でしたが、説明を聞いているうちに、さもそこに満天の星空があるかのように想像が広がる不思議な感覚が体験できました。

星々の解説を行う星空の案内人

昼神キヲスク & ACHI BASE。阿智村の2大映えスポットをチェック!

昼神温泉郷

阿智村の中心にある昼神温泉郷は、女性に嬉しい肌がしっとりする美肌の湯として知られ、ホテルや旅館が立ち並んでいます。
そんな温泉郷の入り口にある「昼神キヲスク」は、1階がパッケージにもこだわった村のグッズを扱うお土産屋さん。

昼神キヲスク

2階は吹き抜けと古民家風の梁が印象的な休憩スペースになっていて、インスタ映えするカフェメニューも多く、ついつい長居してしまうこと間違いなしです。

『ノヴェラ ピカレスカ』主演の広澤草さんもお土産に夢中!

さらに阿智村の情報発信基地である「ACHI BASE」には大人な雰囲気漂うカフェ&バーが!お料理やお酒が楽しめるだけでなく、プロジェクションマッピングの空間演出等、ここだけの楽しみもあるので、ぜひ寄ってみてください。

ACHI BASE

星空観測スポット「日本一の星空 浪合パーク」

もう一つの映画祭会場「日本一の星空 浪合パーク」は、屋外上映会場である「ヘブンスそのはら」から「昼神温泉郷」を経由して車で約30分の場所にある星空観測スポット。
施設内の映像投影ホールは映画祭の屋内会場としてショートフィルムが上映され、当日は近くの小学校の子供たちが引率の先生と一緒にショートフィルムを楽しんでいました。

「浪合パーク」には宇宙食の販売や天体望遠鏡の貸し出しを行うショップや、星空を鑑賞できる公園エリアもあり、毎晩おこなう星空鑑賞会を中心に、写真撮影会など様々なイベントも行っています。日本一の星空=阿智村に来たら、絶対に外せない観光スポットです。

興奮再び!日本一の星空短編映画祭が9月に開催!

9日間で約6,000名が来場した「SSFF & ASIA 2019 in ACHI~日本一の星空映画祭~」。
「こんなイベントがあったなら行けばよかった。私も日本一の星空で映画が観たい!」とお嘆きの方にお知らせです!!
9月2日(月)~8日(日)までの1週間、「日本一の星空短編映画祭 by ShortShorts」として再び映画祭が開催されます。
会場は今回も「天空の楽園日本一の星空ナイトツアー会場」と「日本一の星空浪合パーク会場」の2会場。
ぜひこの機会に星空とショートフィルムの饗宴を楽しみに、長野県は阿智村へお出かけください。

SSFF & ASIA 2019 in ACHI~日本一の星空映画祭~

開催日程 2019年9月2日(月)~9月8日(日) 7日間
開催時間 会場によって上映時間が異なります
開催場所 ①天空の楽園日本一の星空ナイトツアー会場
富士見台高原ロープウェイヘブンスそのはら
〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里3731-4
②日本一の星空浪合パーク会場
〒395-0501 長野県下伊那郡阿智村浪合1192-356
料金 会場によって料金が異なります
主催 スタービレッジ阿智誘客促進協議会
企画・統括 ショートショート実行委員会
お問合せ 阿智☆昼神観光局 0265-43-3001
WEBサイト http://info.sva.jp/star-film-festival/

Writer:BSSTO編集室

「暮らしにシネマチックなひと時を」
シネマな時間は、あなたがあなたに戻る時間。
「ブリリア ショートショートシアター オンライン」は、毎日を忙しく生きる社会人の皆さんに、映画のあるライフスタイルをお届けします。

Share

この記事をシェアする

Related

0 0
記事一覧へ