ログイン
MAGAZINE
Aug. 21, 2018

【Cinematic Event】天の川も見える!?城ケ島で2夜限りの屋外上映会を開催
『星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN』

ブリリア ショートショートシアターオンライン では本イベントのご紹介のみ行っております。本イベントについてのお問い合わせは主催者までお願いします。

 

**************

 

9月29()30()2日間、神奈川県三浦半島の最南端、城ヶ島にて、「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が開催される。
初回の昨年は1日限定にも関わらず2000人以上が来場し、島内の駐車場が埋まるなど、記録ずくめの1日となった注目のイベントだ。

昨年の開催風景

満天の星空・幻想的なライティングのもと非日常な映画体験!

会場となる神奈川県三浦市の県立城ヶ島公園は、東京から電車で90分ちょっと。海の中に突き出した岬の先の島、目の前には真っ青な大海原が広がり、遠く伊豆大島まで望めるロケーションだ。のどかな風景が広がるこの公園に、手づくりでスクリーンやテントが設置され、特設の映画館が現れる。日が暮れれば満天の星空に恵まれ、幻想的なライティングが会場を彩る。目の前いっぱいに広がる海を感じながら、リラックスしたひとときをおくることができるだろう。

この日のために制作されるオリジナル作品を3本上映

2018年のテーマは、「強い想い」。監督それぞれの映画にかける想い、作品に込めた想いが、スクリーンいっぱいに映し出される。

注目作品①:新人離れした、本格的な映像美で紡がれる物語 『青い、森』

新人監督の登竜門とされる第2回「未完成映画予告編大賞」平川 雄一朗賞受賞作の映画化。井手内 創・内山 拓也による共同監督作で、本作が初の長編映画となる。

『青い、森』

注目作品②:本映画祭会場がそのまま映画のシーンで現れる、没入体験 『さかな』

2004年の自主公演舞台を大胆に脚色し、三浦市にて全編ロケを行ったオリジナル作品。映画祭会場である城ヶ島公園をはじめ、三崎口駅、三浦市民ホールなどでロケを行い、地域に密着した映画制作の実験的な試みとなる。

『さかな』

注目作品③:旅を重ねて成長していくフィルムとライブ演奏の作品『Play with the Earth』

星降る町の映画祭での特別バージョンとして、城ヶ島海南神社で7月に行われた、5年に1度開催される例大祭の様子や、島の人たちの漁業や普段の生活など、城ヶ島の非日常と日常の両面を切り取ることで、あるがままの自然と寄り添い生きる人たちの様子を描く。

『Play with the Earth』

地域の活動や魅力と連携し、誰もが楽しめる映画祭へ

映画祭プロデュースは、逗子海岸映画祭をはじめ、国内外の様々な場所で映画祭を開催するシネマキャラバンが担当。
映画が始まるまで、地元三浦市の食材をいかした料理の提供や、監督によるトークショー、オリジナルのワークショップも行われる。ゆっくりとした時間の流れを楽しんでみてはいかがだろうか。

星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN実行委員会

開催日:2018年9月29日(土), 30日(日)11:0022:00 (予定)
   ※荒天時はプログラムが変更となる場合があります。
入場料:無料
会場:神奈川県立城ヶ島公園
主催:星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN実行委員会
共催:城ヶ島観光協会

オフィシャルサイト:
https://star-cinema-festival.com
Facebook:
https://www.facebook.com/starcinemafes/
 Twitter:
https://twitter.com/starcinemafes

お問い合わせ:
星降る町の映画祭with CINEMA CARAVAN実行委員会
249-0007 神奈川県逗子市新宿1-5-14
※オフィシャルサイトのお問い合わせ欄よりお問い合わせください。

Writer:Writer:BSSTO編集室

「暮らしにシネマチックなひと時を」
シネマな時間は、あなたがあなたに戻る時間。
「ブリリア ショートショートシアター オンライン」は、毎日を忙しく生きる社会人の皆さんに、映画のあるライフスタイルをお届けします。

Share

この記事をシェアする

記事一覧へ