ログイン
MAGAZINE
Oct. 16, 2018

【Cinematic Event】東京スカイツリーを背景に映画を観よう!
革とモノづくりの祭典『浅草エーラウンド 2018 秋』で「まちかど映画会」が開催

ブリリア ショートショートシアターオンライン では本イベントのご紹介のみ行っております。本イベントについてのお問い合わせは主催者までお願いします。

*******

 2018 年10 月19 日(金)から21 日(日)の3日間、浅草・奥浅草エリア一帯を会場とする地域活性化イベント、革とモノづくりの祭典『浅草エーラウンド 2018 秋』が開催される。今年の新しい取り組みとして、「江戸まち たいとう芸楽祭」と連動した屋外映画会が実施される。クラフト文化が息づく街の魅力を上映会で体感してみてはいかがだろうか?

隅田川越しに東京スカイツリーを望む「まちかど映画会」

名誉顧問にビートたけし氏を迎え、2018年8月~2019年2月の会期で開催する「江戸まち たいとう芸楽祭」とのコラボレーション企画として、「まちかど映画会」が10月20日(土)、エーラウンド・マーケットにて開催される。

上映作品は2作品

1 本目は、2017 年公開の短編映画『ハイヒール~こだわりが生んだおとぎ話』。近未来を舞台に、菊地凛子演じるアンドロイドの靴職人らが引き起こす物語を、独特の映像美で描く。靴づくりにとことんこだわった結果、どんな結末が待っているのだろうか?

2 本目は1985 年公開の名作SF 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。主人公マーティーが、劇中の現在と過去で履いている靴が違うなど、マニアックな視点で見直してみるのもまた一興だ。

(C)1985 Universal Studios. All Rights Reserved.

【野外上映】10/20(土)
江戸まち たいとう芸楽祭 連携企画「まちかど映画会」
<スケジュール>
17:00 開催記念セレモニー
18:00 『ハイヒール~こだわりが生んだおとぎ話』(2017 年、上映時間:30 分)
19:00 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985 年、上映時間:116 分)

見て、触れて、感じて、学べる、3日間の祭典

観光地・浅草の奥座敷であり、明治維新以降150 年の革靴づくりの歴史の蓄積を持つ「革とモノづくりの街」。『浅草エーラウンド2018 秋』では、上映会の他にも、革靴工場や革卸問屋などの専門店、街の飲食店や雑貨店などを巡り、エリアの魅力を体感できる。

工場見学やワークショップでモノづくりを身近に

革加工の工場見学や、和菓子づくり体験、奥浅草を自転車で巡るなど6本以上のツアー、手仕事が体験できる20 種以上のワークショップ・プログラムを企画。

靴やカバンなど革製品のラインナップが充実

40 軒を越す革靴や革製品関連の企業や飲食店などが出店する「エーラウンド・マーケット」も開催。また奥浅草エリアには、工房の直営店やショールームがまちなかスポットとして参加し、直売ならではのお得な価格で商品を購入することができる。

プロ仕様の素材や道具を一般の方にも

浅草駅近く、隅田川沿いのギャラリースペースに、革・資材問屋14 社が集結。個人作家がプロ仕様の素材や道具の説明を聞きながら買い求めることができる、またとない機会だ。

映画鑑賞とともに、革とモノづくりを体感しに、浅草へ訪れてみてはいかがだろうか。

革とモノづくりの祭典『浅草エーラウンド 2018 秋』(Asakusa A-ROUND 2018Autumn)

開催日時: 2018 年10 月19 日(金)・20 日(土)・21 日(日)
午前10時~午後6時(最終日のみ午後5時まで)
*「エーラウンド・マーケット」は初日のみ正午~午後8 時、土・日は上記時間
開催場所: 浅草・奥浅草エリア(台東区北部の隅田川西側、浅草国際通り~言問通り~明治通り一帯)
公式サイト: http://a-round.info/
Facebook ページ: https://www.facebook.com/A.ROUND.ASAKUSA/
主催: エーラウンド実行委員会
後援(予定): 台東区、東京商工会議所台東支部

Writer:BSSTO編集室

「暮らしにシネマチックなひと時を」
シネマな時間は、あなたがあなたに戻る時間。
「ブリリア ショートショートシアター オンライン」は、毎日を忙しく生きる社会人の皆さんに、映画のあるライフスタイルをお届けします。

Share

この記事をシェアする

記事一覧へ