ログイン
MAGAZINE
INFORMATION
Mar. 10, 2018

【Cinematic Event】5周年を迎える旅する野外映画フェス、今年の舞台は巨大サーキット…?!
「夜空と交差する森の映画祭2018」開催決定!

ブリリア ショートショートシアターオンライン では本イベントのご紹介のみ行っております。本イベントについてのお問い合わせは主催者までお願いします。

**************

開催場所のシチュエーションを活かして一夜限りの幻想を作り上げる野外映画フェス「夜空と交差する森の映画祭」。今年は新たな舞台、サーキットとキャンプ場を併設した森の中のモビリティテーマパーク”ツインリンクもてぎ”(栃木県)での開催が発表された。開催日程は2018年10月6日(土)。現在、運営ボランティアも募集しているとのこと。一夜限りの特別な映画上映会に今年も目が離せない。

Doryu Takebe ( BLUE STAR MAGAZINE )

夜空と交差する森の映画祭 とは?

年に一夜だけ森の中に現れ、訪れた人誰もがその世界の登場人物のひとりになれる野外映画フェス。2018年で5周年を迎える。毎年コンセプトや開催地を変え、森や川、岩場などバリエーション豊かなロケーションに設営した複数の特設スクリーンで世界観に沿った50本近くの長編・短編映画を夜通し楽しみ、五感まるごとで映画を体験することが出来る。

今年の舞台は栃木県の巨大サーキット...?!

2018年10月6日(土)オールナイト開催が決まった「夜空と交差する森の映画祭2018」。今年の舞台となるのは、MotoGP日本グランプリが開催されているサーキットが併設されるモビリティテーマパーク「ツインリンクもてぎ」。グランピングを楽しむことが出来る「森と星空のキャンプヴィレッジ」が併設されているのが特徴だ。緑豊かな自然に囲まれたサーキットというロケーションを活かしての屋外上映に期待が膨らむ。

5周年を迎える今年の世界観のキーワードは「交差」

「いつだって、その瞬間には気づけない。」
昨年は「しゅわしゅわ」を世界観に「気泡のように、現れては消えて儚くて切ない世界」を表現した同映画祭だが、5周年を迎える今年の世界観は「交差」に決定した。メインビジュアル内の表現手法でもある微妙なズレが未来を変え、過去の捉え方をも変えていく。「思わぬ所で運命は変わっていく」、そんな人生の様をサーキットの長い道になぞらえて表現する。

「夜空と交差する森の映画祭2018」開催概要

数千人規模の野外映画フェスで50本近い様々な映画を複数のエリアで夜通し上映。
日時:2018年10月6日(土) オールナイト開催
会場:栃木県芳賀郡 ツインリンクもてぎ
協力:Filmarks(フィルマークス)ほか
主催:森の映画祭実行委員会 (代表・サトウダイスケ)
ティザーサイト: http://forest-movie-festival.jp

Writer:BSSTO編集室

「暮らしにシネマチックなひと時を」
シネマな時間は、あなたがあなたに戻る時間。
「ブリリア ショートショートシアター オンライン」は、毎日を忙しく生きる社会人の皆さんに、映画のあるライフスタイルをお届けします。

Share

この記事をシェアする

記事一覧へ