ログイン
MAGAZINE
INTERVIEW
Feb. 14, 2018

【Special Interview】注目の若手俳優・鈴木伸之のシネマライフとは?

テレビドラマ「あなたのことはそれほど」(TBS)や映画『HiGH&LOW THE MOVIE』などに出演し、人気の若手俳優としていま注目を集める鈴木伸之さん。2017年にはCINEMA FIGHTERSプロジェクトの1作品『Snowman』でショートフィルムデビューも飾った。活躍の場は舞台やCM、ミュージックビデオなど多岐にわたる。そんな鈴木さんが影響を受けた映画とは?忙しい毎日の中で映画を楽しむコツとは?映画のあるライフスタイルを聞いた。

鈴木伸之さん

鈴木さんが最近(ここ数か月で)観た映画で印象に残った映画は?

鈴木メキシコ出身の映画監督アルフォンソ・キュアロンの『ゼロ・グラビティ』(2013年)です。『しあわせの隠れ場所』(2009年)でアカデミー主演女優賞を受賞したサンドラ・ブロックと、『オーシャンズ11』(2001年)などで知られるジョージ・クルーニーの共演です。
宇宙空間に放り出された宇宙飛行士と科学者が決死のサバイバルを繰り広げるSFサスペンスですが、宇宙を描く世界観の作り方に圧倒されました。最後の最後まで手に汗を握って、ハラハラが止まらない作品です。

観る映画はどうやって選んでいますか?選ぶ際にジャンルやその他基準はありますか?

鈴木TSUTAYAなどで気になった作品や、おすすめレビューなどをみて選びます。特にジャンルや基準はなく自分がその時気になった作品を見ます。

『Snowman』より

俳優という職業を選ぶのに影響を受けた映画はありますか?

鈴木俳優という職業を選ぶポイントではないですが、俳優としてやっていくうえで大きな影響を受けた作品があります。1992年に公開されたマーティン・ブレスト監督の『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』です。
アル・パチーノ演じる気難しい盲目の退役軍人とクリスチャン・オドネル演じる心優しいエリート寄宿生の年齢差を越えた友情の物語です。アル・パチーノの存在感と説得力に魅了されました。静かな中に感動のストーリーがあって、こんな作品をやりたいと直感的に思った作品です。

「ブリリア ショートショートシアター オンライン」は主に働く社会人の皆さんを対象としたメディアです。プライベートでリラックスしたいとき、鈴木さんならどんな映画をおすすめしますか?

鈴木コメディー作品をおすすめします。私も無条件に笑える三谷幸喜さんの作品などをみてなにも考えずにとにかく笑うことがあります。「笑い」には、心をすっきりとさせる効果がありますよね。

『Snowman』より

「ブリリア ショートショートシアター オンライン」で配信している作品はご覧になられましたか?

鈴木『Inseparable/二人』を鑑賞しました。主演のベネディクト・カンバーバッチがまったく性格の異なる双子を一人二役で演じわけていた作品でしたが、純粋に楽しむことができました。切なくて心がギュッとなるような物語で、セリフもほとんどないので、カンバーバッチの表情から滲み出る心情にすごく心惹かれました。
僕もCINEMA FIGHTERSの作品『Snowman』に出演させていただきましたが、「短い時間の中での演技」という観点からも勉強になりましたね。多くを語るとネタバレになってしまうのですが、ラストシーンの奥さんの表情もすごいです。しかも作品時間は10分強。別所さんが「映画は長さじゃない」と言ってましたが、まさにそんなショートフィルムの魅力が存分に楽しめる作品だと思いました。

 

(構成:大竹 悠介)

『Inseparable/二人』
Nick White/イギリス/2007/11:11/ドラマ
家族、アイデンティティ、そして再生のお話。出演:ベネディクト・カンバーバッチ

鈴木伸之(劇団EXILE)

1992年10月14日生まれ。2010年に「第3回劇団EXILEオーディション」に合格し、劇団EXILEメンバーに。同年、舞台「ろくでなしBLUES」で俳優デビュー。以降、ドラマや映画を中心に活動中。主な出演作品は、映画「桐島、部活やめるってよ」(’12)、「オオカミ少女と黒王子」(’16)、「東京喰種」(’17)、ドラマ「ルーズヴェルト・ゲーム」(’14)、大河ドラマ「花燃ゆ」(’15)、ドラマ「あなたのことはそれほど」(’17)、「HiGH&LOW」シリーズなどがある。First写真集「FACE」が現在発売中。

Writer:大竹 悠介

ブリリア ショートショートシアター オンライン編集長/ショートショート フィルムフェスティバル & アジアwebマネージャー

Share

この記事をシェアする

記事一覧へ