ログイン
MAGAZINE
COLUMN
Jun. 08, 2019

【Cinema for Life】『マンマ・ミーア!』
— 開放的で自分らしいファッション —

シネマチックなライフスタイルのヒントを様々な視点から紹介するコラム「Cinema for Life」。
今回は、誰もがハッピーな気持ちになれるブライダルムービー『マンマ・ミーア!』を、ファッションの切り口でイベントクリエイターの菅原敬太氏に語って頂きます。

自由奔放な少女の気持ちを表現するファッション

©2008 Universal Studios and Internationale Filmproduktion Richter GmbH & Co. KG. All Rights Reserved.

小島で小さなホテルを営むのが主人公ドナ(メリル・ストリープ)。
結婚間近の娘の父親に秘密を抱えるシングルマザーですが、エネルギッシュで自由奔放な性格なドナは、ファッションもその性格そのものです。
エネルギッシュに動きやすい様に、七分丈のサロペットにスニーカーを着用していますが、それだけでは日常に追われる作業着、活発なボーイズファッションだけになってしまいがち。そこを彼女はレース地のパフスリーブブラウスを合わせることで自由奔放な少女の気持ちもファッションで表現しているのではないでしょうか?

個性的な魅力を増幅させる柄物ファッション

©2008 Universal Studios and Internationale Filmproduktion Richter GmbH & Co. KG. All Rights Reserved.

島に招かれるドナの古くからの友人が、昔3人でガールズヴォーカルグループを結成していた間柄で心の友であるターニャ(クリスティーン・バランスキー)とロージー(ジュリー・ウォルターズ)。
2人はとにかく「柄」のオンパレード状態で、ワンアイテムに柄物を取り入れるだけでなく時には、柄on柄などとっても個性的ですが、パワフルでエネルギッシュな2人の個性の前では、派手な柄がその個性と同化して嫌味に見えずむしろ個性的な魅力を増幅しています。
普段の都市でのアーバンな生活の中では、ここまで柄物を取り入れることに抵抗あるのが一般的かと思いますが、自分自身の新しい魅力を発見するのに開放的なリゾート地などの非日常空間では、ぜひ挑戦するべきファションの一つでないでしょうか?

美しく魅せる為の白と自然に魅せる為の白

©2008 Universal Studios and Internationale Filmproduktion Richter GmbH & Co. KG. All Rights Reserved.

結婚を控えるドナの娘ソフィー(アマンダ・セイフライド)は、結婚式の白のドレスだけでなく、日常の中でも白いトップスを好んで来ているように思えます。
しかしその白も純白ではなく生成りに近い自然な白というのがポイントで、純白というのは加工を施すことで創り出される白であって本来の白ではないのです。
「ホワイト・純白」はより美しく魅せる為の白であり「オフホワイト・生成り色」はより自然に魅せる為の白です。
そして、オフホワイトをベースに刺繍やテープ、紐などがデザイン的に組み込まれることで、自然体の中にこそ見えてくる本来の魅力を引き出すアクセントになっています。
常に自然体でおおらかなソフィーだからこそオフホワイトをセレクトしたのでは?

紆余曲折を経て男は真の洒落者になる

©2008 Universal Studios and Internationale Filmproduktion Richter GmbH & Co. KG. All Rights Reserved.

ソフィーのパパ候補の3人も三者三様です。
サム(ピアース・ブロスナン)は建築家。
クリエイティブなサムは、ジャケット&デニムのスタリッシュな姿で島に向かいます。
サングラスはスクエア型で、シャープでスタイリッシュが演出されています。

ハリー(コリン・ファース)は銀行家。
ビジネスエリートなハリーは、スリーピーススーツというきっちりとした姿で島に向かいます。
サングラスはウェリントン型で、ハイクラスな高級感が演出されています。

ビル(ステラン・スカルスガルド)紀行作家。
冒険家なビルは、実用的なカジュアルファッション&自家用船で島に向かいます。
サングラスはスクエア型ですが、サムとは違いより角々しいスクエアで尖っている感が演出されています。

3人それぞれがファッションだけに頼ることなく、しっかりと内面的な個性を持って、持ち物一つでその人の個性が表現されるという洒落者だからこそ違った魅力を発しています。
実はドナと恋に落ちる若かりし頃は、3人ともにもっと見た目も派手で個性的だったことを考えると紆余曲折を経ることで引き算されて男は真の洒落者になれるのかも知れません?

開放的に自分らしく

©2008 Universal Studios and Internationale Filmproduktion Richter GmbH & Co. KG. All Rights Reserved.

軽快なABBAサウンドをベースに製作された物語は、ギリシャの小島という舞台ロケーションの魅力との相乗効果で、終始開放的で前向きにさせてくれる作品です。
そういった開放的で前向きな場所にいるときこそ物語の登場人物達のように、人目を気にしない自分の好きなファッションで、開放的に自分らしく限りある時間を存分に楽しみたいものです。
※2019年6月の情報です。

『マンマ・ミーア!』

Blu-ray:1,886円+税/DVD:1,429円+税 発売中
発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
©2008 Universal Studios and Internationale Filmproduktion Richter GmbH & Co. KG. All Rights Reserved.

Writer:菅原敬太(イベントクリエイター)

新製品発表会を中心とするPRイベントのプロデューサー。
キャリア20年を誇り現在も週1本ペースでPRイベントに携わり多忙を極めるも空き時間には「服」と「甘味」を求める「ファッショニスタ」であり「カンミニスタ」でもある。 「PR演出」「ファッショナブル プロモーション」を提唱し講演や講師としても活躍中。 文化服装学院 非常勤講師 Instagram: @sgwrkta
www.synchronicity.jp

Share

この記事をシェアする

記事一覧へ